福島県

2024年02月14日

福求める市民らでにぎわう│福島県 

福島県の県南地方に春の訪れを告げる伝統の「白河だるま市」が11日、白河市であった。市中心部には大小様々なだるまを売る露店が並び、福を求める市民や観光客らでにぎわった。目抜き通りには1・5キロにわたりだるま店や飲食店が立ち並び、呼び込みの威勢の良いかけ声が飛び交った。店頭には高さ60センチの大だるまから10センチ未満の小だるまが並び、市民らが次々と買い求めては、だるまの背に「商売繁盛」「健康第1」など、新年の願いを込めた文字を書き入れてもらっていた。


https://digital.asahi.com/articles/ASS2C764WS2CUGTB007.html
  1. 白河だるま市(福島県白河市本町)
  2. 白河ビジネスホテル(福島県白河市大工町24)
  3. 旅館金勝寺(福島県白河市金勝寺37)
  4. ホテルルートイン新白河駅東(福島県白河市新白河1-34-1)
  5. カーサホテル新白河(福島県白河市新白河3-76)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 12:40|PermalinkComments(0)

2023年08月26日

復活、じゃんがら踊り│福島県 

宝鏡寺には、半世紀にわたり反原発と非核を訴え続けた和尚、早川篤雄さんがいた。昨年、83歳で亡くなった。早川さんが求めていたものがもう一つあった。新盆を迎えた故人を鉦や太鼓を鳴らし踊りながら供養する「大谷じゃんがら念仏踊り」の完全復活だ。14日、踊りを演じる地元保存会は町内の8軒を回り、原発事故で途絶えていた伝統行事を13年ぶりによみがえらせた。


https://www.asahi.com/articles/ASR8H7K59R8FUGTB001.html
  1. 宝鏡寺(楢葉町)(福島県双葉郡楢葉町大字大谷字西台58番地 .)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 19:13|PermalinkComments(0)

2023年07月12日

県民の大半が見たことない、福島の県花│福島県 

「県花」と言えば、県民になじみのある「シンボルの花」を思い浮かべるだろう。北海道は「ハマナス」、青森は「リンゴの花」、和歌山は「ウメ」、沖縄は「デイゴ」といった具合に。でも、県民の大半が目にしたことのない県花がある。福島の「ネモトシャクナゲ」だ。その希少な花がいま真っ盛りだ。福島市の吾妻山にある山小屋「吾妻小舎」の庭先に1本のネモトシャクナゲが自生している。標高約1600メートルの場所で、50個ほどあるピンク色の蕾が順に花を咲かせている。花びらがいくつも重なる「八重咲き」の花だ。一重咲きのハクサンシャクナゲが周りを囲むように群生している。


https://digital.asahi.com/articles/ASR776K44R76UGTB00Q.html
  1. 吾妻小舎(福島県福島市土湯温泉町鷲倉山)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 19:56|PermalinkComments(0)

2023年04月07日

約1000本の桜の幻想的な美しさを楽しめる│福島県 

鶴ヶ城では4月1日~5月7日の期間、「鶴ヶ城公園ライトアップ」を実施している。本イベントでは、東日本最大級という規模で史跡内全体をライトアップ。夜空に浮かび上がるおよそ1000本の桜の幻想的な美しさを楽しめる。また、今年は、二の丸で公園で一番大きな桜が煌びやかに照らされ、会津木綿を使った光の装飾や廊下橋のライティングも鑑賞できるという。


https://ascii.jp/elem/000/004/130/4130594/?rss
  1. 鶴ヶ城(福島県会津若松市追手町1-1)
  2. ホテル タカコー(福島県会津若松市東栄町3-35)
  3. ビジネスの宿 旅館 田園(福島県会津若松市古川町9-14)
  4. 中町フジグランドホテル(福島県会津若松市中町1-12)
  5. 會津つるやホテル(福島県会津若松市中町2-88)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 20:31|PermalinkComments(0)

2023年01月13日

夢かなうも「ゴールじゃない」│福島県 

福島県双葉町で7日、江戸時代から続く「ダルマ市」が開かれ、威勢のよいかけ声が響いた。東京電力福島第一原発が立地する町に新春の恒例行事が戻るのは、原発事故以来、実に12年ぶり。この間、町民有志が避難先の仮設住宅や復興住宅で開いてきたが、昨年8月の避難指示解除で町に人が住めるようになり、ダルマ市も帰還。町民は故郷での開催を喜び、復興への決意を新たにした。


https://digital.asahi.com/articles/ASR175SMPR17UTIL00P.html
  1. 福島県双葉町(福島県双葉町)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 19:54|PermalinkComments(0)