福井県

2024年02月06日

水族館にミズダコ専門館、1億2000万円で建設した施設は巨大なタコが侵入してくるデザイン│福井県 

越前松島水族館で3月7日、世界最大級のタコ「ミズダコ」に特化した展示施設「みずだこ館」がオープンする。3月16日の北陸新幹線県内延伸と水族館の開館65周年を記念した新施設で、同館によると、国内初のミズダコ専用施設という。成功すれば世界初とされる、ミズダコの幼体から成体への人の手による育成に向け、飼育員が赤ちゃんを世話する様子を見学できる。


https://www.yomiuri.co.jp/national/20240128-OYT1T50133/
  1. 越前松島水族館(福井県坂井市三国町崎74-2-3)
  2. 荒磯料理 民宿 冨士(福井県坂井市三国町梶38-37-5)
  3. 休暇村 越前三国(福井県坂井市三国町崎15-45)
  4. 三国温泉 展望自慢の料理旅館 はれや旅館(福井県坂井市三国町梶26-45-1)
  5. モリス・リゾート東尋坊 | Morris Resort Tohginbow(福井県坂井市三国町安島58-31-8)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 12:06|PermalinkComments(0)

2023年12月26日

重さ800キロ、大しめ縄を付け替え│福井県 

縁結びで知られる出雲大社の福井分院で23日、新年に向け、神殿正面の大しめ縄が付け替えられた。稲わらで作ったしめ縄は、横5・2メートル、縦1・3メートル、重さは約800キロあるが、氏子らが力を合わせ、手際良く取り付けていた。


https://www.asahi.com/articles/ASRDR7D8BRDRPISC003.html
  1. 出雲大社福井分院(福井県福井市渕2丁目2001)
  2. 亀の井ホテル 福井(福井県福井市渕町43-17)
  3. 河甚旅館(福井県福井市足羽1-7-16)
  4. 香爐園(福井県福井市中央3-8-16)
  5. ホテル リバージュ アケボノ(福井県福井市中央3-10-12 )
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 19:22|PermalinkComments(0)

2023年07月16日

雨の晴れの日の子どもたち。ちひろの世界を紹介│福井県 

子どもを描き続けた絵本画家いわさきちひろの生誕地・越前市にある「ちひろの生まれた家」記念館で企画展「ちひろ雨の日晴れの日」展が開かれている。雨のなかや明るい日差しのもとで遊ぶ子どもらを水彩技法でやさしく描いた作品13点を紹介。水彩画は劣化が避けられないため、「ピエゾグラフ」と呼ばれる方法で精巧に再現した複製画を展示している。色とりどりの傘が開いた情景や、ぬれた子犬を気に掛ける様子を描いた作品などが目を引く。9月4日まで。


https://digital.asahi.com/articles/ASR787WCLR78PISC00D.html
  1. 「ちひろの生まれた家」記念館(福井県越前市天王町4-14)
  2. 天然温泉 蓬莱山の湯 スーパーホテル越前・武生(福井県越前市蓬莱町2-15)
  3. ホテルクラウンヒルズ武生駅前(BBHホテルグループ)(福井県越前市府中1-2-3)
  4. 京よろず(福井県越前市京町3-1-3)
  5. ホテル赤星亭(福井県越前市小松2-3-22)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 13:21|PermalinkComments(0)

2023年07月11日

新田義貞と明智光秀ゆかりの寺、再建100年祝い法要│福井県 

福井県で戦死したと伝わる南北朝時代の武将・新田義貞の686回忌の法要が1日、義貞の像や墓がある称念寺で営まれ、住民や県議ら約50人が参加した。住職の高尾察誠さんによると、かつて北陸の時宗の拠点の一つだった寺は、時代とともに廃れて消滅しかけたが、住民の協力で再建されて今年で100年を迎えた。


https://digital.asahi.com/articles/ASR717D8NR71PISC00J.html
  1. 称念寺(坂井市)(福井県坂井市丸岡町長崎19-17)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 12:09|PermalinkComments(0)

2023年06月03日

自動運転車の運行始まる│福井県 

福井県永平寺町で28日、国内で初めて公道での本格的な自動運転を行う「レベル4」の営業運行が始まった。ゴルフカートに似た7人乗りの電動車が、廃線跡の遊歩道「永平寺参ろーど」のうち約2キロ区間を、ドライバーなしで走る。どんな乗り心地なのか。記者が乗車してみた。


https://digital.asahi.com/articles/ASR5X7JJ8R5XPISC008.html
  1. 荒谷停留所(福井県吉田郡永平寺町荒谷)
  2. 永平寺 親禅の宿 柏樹關(福井県吉田郡永平寺町志比6-1)
  3. 禅の里 笑来(福井県吉田郡永平寺町諏訪間4-11)
(※)目的地は赤色、インターネットのできる宿は緑色、それ以外の宿は青色で示しています.


pahoo at 10:22|PermalinkComments(0)